So-net無料ブログ作成

ランナウェイ 8話 あらすじ [あらすじ]

ランナウェイ~愛する君のために 8話 あらすじ


自分の右腕のように動いてくれていた中島刑事(徳井優)が、5年前の警官殺しの事件に関わっていたことを白状し、柳川(渡哲也)に何も知らなかったことにしてくれと脅迫まがいに銃を向けた。

その頃、アタル(市原隼人)の金を代わりに届けるため病院へ行ったサクラ(熊田聖亜)が警察に保護されてしまい、5千万円も警察に押収されてしまった。警察で事情聴取されるサクラは、誘拐されたのではなく自分でついて行ったと答え、急いで金を渡さなければならないことをいくら訴えても刑事は取り合ってくれなかった。

一方、病院では、募金で集まった金ではデポジット料にはまだほど遠く、今回はあきらめざるを得ない状況になっていた。憔悴する由紀(福田沙紀)の携帯にアタルからすまないという電話が入る。千代子(石野真子)が その電話をとり、由紀と娘のために罪をかぶってくれたことを全部聞いたことを話し、本当に感謝していると伝えるが、その先に出た言葉は、アタルを絶望へと追い込むことに…。





ランナウェイ~愛する君のために主題歌 いきものがかり/ 歩いていこう











いきものがかり/ 歩いていこう










当ブログでは、動画共有サイトにアップロードされている動画を紹介していますが、著作権の侵害を目的とするものではありません。
また、当ブログ管理者は動画共有サイトに動画のアップロードも一切しておりません。
動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しますので、当ブログ管理者に責任は及ばないものとします










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。